Civil EngineeringPart-time JobDiaryArchery
もう、21歳になってしまいました。就活大忙しです...
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.28 Sat
「履修不足問題」
今、全国を賑わしているこの話題。
ニュースでもワイドショーでもこぞってこの話題を取り上げていますね。
全国的にも岩手はその傾向は強いようで
テレビに一高や三高が毎日のように出てきます。


確かに指導要領に定められた教科は履修するのが鉄則です。
何でこんな騒ぎになっているのか。
よく言われていることですが、都会の学生と地方の学生での決定的な違い...

「予備校があるかないか」

地方は予備校が発達してなくて、その分高校自体が半ば「予備校的」に機能しなくてはいけない側面があるんです。
都会の子は受験対策に「予備校」という強い見方がいます。
けれど、地方は数は少ないし、下手すりゃ「無い」なんて所も...
だから、地方の高校は半予備校的にならざるを得ない、ということらしいです。

センターに必要な教科だけに絞る。
これが無きゃ、正直やってけない...僕はそう思うんですがね。
受験で使わない教科...なんて、やりたくないですよね。

...何故かって管理人も履修不足っぽいから。
地歴は<世界史>と<日本史or地理>の2科目必修
ですよね。ぶっちゃけ管理人は「世界史」は受けましたが「日本史or地理」の部分が欠落しています(汗)
...ちなみに母校の今のカリキュラムでは大丈夫になったみたいです。
今、大学の周りのみんなもきっと半数以上は「履修不足」です。
中には気づいてない人もいると思いますが...(汗)
掘れば掘るほどきりが無いくらい出てきますよ、きっと。

真面目に履修科目全部やってたら、地方の学生は全国に遅れを取っちゃうんですよね。
(卒業したからこそ言えますが)高校の先生たちの取った行動の意味、分かります。
生徒のためにやった...でも、いけないことはいけないこと。
いやぁ~でもね...
ここから短期集中で履修不足解消を図るなんて、あまりに可哀想すぎる!
文科省の方々、地方の事情を分かってらっしゃらない!!

今回の「履修不足」をもし認めたら、学生間の受験戦争の上で平等性が無くなる...
と、コメンテーターが言ってました。
でも、この件はいけないこととは分かりつつも、都市部と地方の学習環境の格差(例えば、予備校がない=もちろんそれだけではありませんが」を埋めるべく行われてきたことです。
変な話、今まではそれによって、都市部の学生と地方の学生が同じスタートラインに立ててきた現実があると思うんです。
もちろん、いけないこと...なんですが(汗)






ちょっとひねくれた話。

おさらい...
地歴は<世界史>と<日本史or地理>の2科目必修。
→つまり「世界史」は避けて通れない教科なんです。
これにまず驚きました。
何で...世界史が絶対必修の意味ってあるの

いやね、管理人的には
「日本のことも良く知らない学生がいるのに、世界史なんてやってど~すんだ」
って思うんですよ。
もちろん、様々な分野で「国際化」が叫ばれてる時代ですし「世界を知ろう」なんていう文科省の考えも分からなくはないです。
でも世界史を学んだところで、総理大臣の名前が言えますか?都道府県の名前を言えますか?
答えはきっとノーです。
自分の国のことも良く分からないのに、世界のこと学ぼうなんて、まさに本末転倒です。


ちょっと「履修不足」から「世界史批判」になってしまいましたが...
今年の地方の高校生にはこの一件で強い逆風が吹いてます。
それを吹っ飛ばして、行きたい大学に行って、そして何よりも全国の3年生が無事に卒業できるよう、お祈りしたいですね。
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。